Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

貴景勝は学校へ行こうでテレビデビュー!子供の頃は生意気なおぼっちゃまだった?

2019/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「櫻井・有吉THE夜会」に出演し、子供の頃の貴景勝が学校へ行こうに出演していた時の秘蔵映像が流れるそうです。

 

貴景勝の実家は超お金持ちで、ぼっちゃん力士といわれていますが、現在の姿からは予想もつかないほど生意気だったそうですよ。

 

お父さんは貴景勝の父親は空手の指導者で自営業と保育園を経営をしていて、貴景勝の母親は超美人と言われています。

スポンサーリンク

貴景勝のプロフィールとおぼっちゃま力士の実家

 

貴景勝 光信は1996年8月5日 生まれで、本名は本名は佐藤 貴信さんといい、兵庫県芦屋市出身で芦屋の金持ちと言われていたそうですよ。

 

お相撲さんの見た目ってわかりにくいけど実はまだ24歳と若いんですね。

 

本名の「貴信」は当時現役の横綱だった貴乃花と、織田信長の「信」の字を組み合わせ、「男に生まれたからには、天下を取らないと駄目だぞ」という思いを込めてこの名前を付けたという格闘家のお父様らしい素敵な名前ですね。

 

貴乃花の一連の騒動で貴乃花部屋が無り、そんな騒動に巻き込まれ現在は千賀ノ浦部屋所属として、貴ノ岩、隆の勝と共に稽古に励み、部屋が変わっても変わらず活躍されています。

 

嫌いな食べ物はな、なんとハンバーグだそうで、小学校4年生から父親の指導の下、ハンバーグ(1枚450g)3枚、牛丼特盛り3杯などを食べ続け、たった2年で体重が40キロも増えてしまったそうです。

 

リレーの選手に選ばれるほど得意だった短距離が遅くなってしまいリレー選手に選ばれなくなったことがトラウマでハンバーグが嫌いになってしまったそうです。

 

一日3枚のハンバーグと牛丼特盛3杯は鬼のようなメニューで、考えただけで吐きそうになるので、トラウマになるのもわかる気がします。

 

 

写真からも庶民とは思えない結構いい家なんだなって思う雰囲気漂っていますよね。

 

幼年期からの格闘の英才教育を受けていたことや、何より芦屋市には六麓荘町(ろくろくそうちょう)という超高級エリアもあり、戸建てのみ、しかも1区画400㎡以上しか建てられないという条例のある、”東洋一の別荘地”と言われていることからお金持ちと言われています。

 

他にも小学校4年生から6年生の間までは芦屋の実家から東京にある貴乃花部屋のキッズクラブまで稽古に通っていたというほどなので相当お金持ちで、さらに両親の協力がなくてはできませんね。

 

車なら6時間、新幹線を使っても4時間はかかることから両親が貴景勝にかけた費用と時間は相当なものだということがわかります。

 

スポンサーリンク

貴景勝の子供時代は生意気で実家の両親は苦労した?

 

子供の頃の貴信少年は、やんちゃでいつも動き回っている子だったそうですが、性格はとても素直で優しい子だったとお父さんが話していました。

 

現在の映像を見ても生意気というわれる雰囲気は感じ取れませんし、金持ちは生意気という勝手なイメージから言われているのでしょう。

 

貴景勝のお父さんは空手の指導者なのに、なんで貴景勝は空手じゃなくて相撲をやってるんだろうと思う人もいると思いますが、実は小学校3年生までは極真空手をやっていました。

 

貴景勝は空手の全国大会で準優勝の実績を残していたほどの実力者だったのですが、決勝戦で判定負けしたことに対して「おかしい判定(反則)で負けにされた。判定がある競技はやりたくないと思った」ということで相撲へ転身したみたいです。

 

普通なら空手の指導をしているお父さんは甘ったれるなと怒りそうな話ですが、お父さんは「極真空手はやめよう!判定の無い格闘技をやろう!」と決めたそうで、その中で選んだスポーツが相撲だったそうです。

 

子どもの意見を聞いて怒らず、子供に合った格闘技を探してくれるとても素敵なお父さんですね。

 

そしてお母さまは父子の決断には口を出さず、食事などの陰からのサポートをしてくれたそうです。

 

千秋楽の時に応援に来ていたお母さまを見え実況中のアナウンサーも思わず美しすぎると思わず心の声が漏れてしまっていました。

 

 

51歳とは思えない美しさで、貴景勝のお父様もアナウンサーの「美しすぎる」に対して「当然だ」と答えていたのでベタ惚れしているなぁと思いました。

 

けどこんな美しいお母さまは子供にとっても自慢のお母さんですよね。

 

 

スポンサーリンク

貴景勝が学校へ行こうに出演した時の映像とは

 

以前ビビットで貴景勝が出演した際に「学校へ行こう」の映像が使われていました。

 

小学校5年生で高校生と練習をしたりとこのころから相当な実力者で、小学校時代は4年次にわんぱく相撲で全国3位、5年次に2位、6年次に3位という結果を残しています。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は貴景勝について調べてみました。

 

今の貴景勝があるのは子供時代に空手でおかしい判定(反則)で負けて嫌になってしまったことや、子供の考えをちゃんと聞いてくれる両親がいたからなんですね!

 

とてもお金持ちの子供時代を過ごしていたようですね。

 

毎日ハンバーグ450gと特盛牛丼を毎日食べる生活は私はいくら金持ちの家でもやりたくないなと思いました。

 

現在、相撲界は結構いろいろ悪いイメージのニュースが多いので貴景勝が相撲だけでなく、バラエティーなどのテレビに出ることで良いイメージとして相撲界をひっぱって行ってほしいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.