Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

首里城の火災は放火?焚き火が原因で犯人は誰?復元はいつになるか調べてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

沖縄のシンボルで世界遺産でもある首里城で火災が起きました。

 

なぜ首里城に火がついてしまったのか、原因やもしこれが誰かの仕業なら犯人は誰なのか気になります。

 

首里城はどんな場所だったのかも踏まえ、そして今後の復元はどうなるのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

首里城とはどんな場所?

 

 

沖縄県の県庁所在地である那覇市にある「首里」という地域にあるのが、首里城です。

 

とはいっても、街中に首里城がどどんとそびえ立っているのではなく「首里城公園」という広大な場所のなかに「首里城」があるのです。

 

首里城が建てられたのは、実はいつなのかまだわかっておらず沖縄の前身であった琉球王国時代、14世紀の終わりごろに建てられたものだと今のところ考えられているそうです。

 

沖縄には各地に「グスク(城)」と呼ばれるお城がたくさんありますが、特に14世紀ごろは集中してグスクがあちこちに建てられていました。

 

このことから、そのグスクと同じように首里城もお城のひとつとして建てられたものだと考えられているんです。

 

実は首里城は建てられてから何度も何度も火事で焼失したり、戦いで破壊されたりした城。

 

そのたびに再建され、ときには10年以上かかったこともあると言われています。

 

現在私たちが見ることのできる首里城も、太平洋戦争中に焼失・破壊されてしまったんです。

 

ですが、その後首里城の外側にある「守礼門」が再建されたことから、周辺にあった建築物が次々と直されていきました。

 

そして、平成元年になってようやく首里城が再建(復元)されましたが、それは簡単な道のりではなかったそうです…。

 

スポンサーリンク

首里城の火災の原因は焚き火?犯人は誰?

 

あさチャンで話されていた情報によると、首里城の近くで焚き火をしていたという目撃情報もあったとのこと。

 

これに関して専門家は否定していましたが、まだ否定は仕切れない状態のようです。

 

 

他の番組ではイベントで使っていた照明器具やろうそくが原因では言った話も出ていました。

 

とにかくこの火が発生した原因はしっかりと調べてほしいですね。

スポンサーリンク

首里城の復元はいつ?

 

現在の首里城は、1980年代から復元が開始されたもので、本来の首里城は1945年の沖縄戦で消失しています。

 

今回残念なことになりましたが、沖縄の誇りであり、日本が世界に誇る遺産のため、必ず復元がされるはずですが、10年以上かかることもあるそうです。

 

まだ国や沖縄県知事などの声明は出ていませんのでわかりませんが、あの美しい首里城をまた見られるのを願って、とにかく今はこれ以上燃え広がらないよう、けが人が増えないよう祈るしかありませんね。

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

 

首里城が全焼だなんて驚きのニュースでした。

 

沖縄の方たちだけではなく、修学旅行で行っただけだけど、という方たちもショックが大きいという声がたくさんありました。

 

焚き火が原因なのでは?と言われていましたが、イベントの準備に使っていた照明や、ろうそくが原因ではないかと言った見解もありました。

 

全焼してしまったので復元はやはり難しいようですが、

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.