Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

趣里の性格や演技力は父親譲り?鼻や目は小さすぎて整形するべき?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

趣里さんと言えば、嵐・相葉雅紀さんとのドラマ「僕としっぽと神楽坂」で共演し、最近では坂口健太郎さんとドラマ「イノセント 冤罪弁護士」にて活躍中です。

 

趣里さんの性格はとても努力家で、演技力もあると人気はウナギ昇りですが、顔が不細工すぎるといわれてしまっています。

 

そんな趣里さんの性格が努力家だといわれている理由や、顔が両親に似ていないし両親が芸能人であることを最近まで隠していたのでその理由について調べてみました。

 

趣里のプロフィール

 

趣里さんは生年月日 1990年9月21日生まれの28歳です。

 

身長 158 cm、血液型 O型で両親は父親が水谷豊さん、母親が伊藤蘭さんというのは有名な話ですよね。

 

特技であるクラシックバレエは4歳から続けていたそうですが、ケガで断念することになってしまいました。

 

15歳の時に高校にあがるタイミングで本場・イギリスのバレエ学校へバレエ留学するものの、アキレス腱断裂に足首の剥離骨折と度重なる怪我に遭遇し、医師から「前みたいには踊れない」と告げられ治療のため帰国しました。

 

高等学校卒業程度認定試験で高校卒業の資格を得て大学に進学し、リハビリを続けつつ練習に打ち込むものの以前のように踊れることはなく、バレリーナへの夢を断念することになってしまったそうです。

 

失意の中でアルバイトや就職活動などの日々を送っていたのですが、表現したい気持ちがどうしても消えないことから、軽い気持ちで参加した塩屋俊主宰の演技学校「アクターズクリニック」のレッスンを受けたところ演技の面白さに目覚めたそうです。

 

幼いころから両親のドラマや歌番組を見て演技に興味を抱いていた一方で、両親と同じ道に進むのであれば「二世」となることから生半可な覚悟ではできないという重圧も感じていましたが、「でもお前は大丈夫だから頑張れ。女優を続けていけ」との塩屋の強い後押しによって女優を目指すことになったそうです。

 

抜群の演技力はバレエで培われたもので、そして趣里さんは努力家で前向きな性格と言えるでしょうね!

 

バレエで挫折しても腐らず、演技することの楽しさを見つけ出す強さがあったのですから。

 

ファンにもとても優しくて、趣里さんのTwitterを見るとファンからもらったお手紙を紹介しています。

 

こうやってファンを大事にしてくれるとファンもとてもうれしいですね。

 

スポンサーリンク

二重は整形で、拒食症は嘘?

 

趣里さんの顔は両親と比べると鼻が低くく見えますよね。

 

二重も実は子供のころは一重で整形といわれていますが、はっきりしたことはもちろん公表されていません。

 

大人になると瞼が薄くなって二重になったりアイプチをやり続けると二重なったりもするので、一概に整形とは言えませんね。

 

細すぎて怖いといわれていますが、お母さんの蘭さんも細見ですので拒食症だから痩せ過ぎ説は私は否定したいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

趣里さんについて調べてみましたが、性格は努力家で前向きでファンにとっても優しい女性だということがわかりました。

 

趣里さんの動きがなめらかで美しいのはバレエをやっていたからかもしれませんね。

 

顔は両親には似てないように思いますが、演技力や努力家なところはそっくりだと思いました。

 

これからも趣里さんにはたくさんのドラマで抜群の演技力を見せてほしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.