Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

【青天を衝け】あらすじとロケ地!エキストラ募集と吉沢亮の撮影場所を調査

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2021年の大河ドラマの主演に吉沢亮さんが選ばれました。

 

今、大人気の吉沢亮さんが演じるのは次の1万円札である渋沢栄一の生涯を描いたものなんだそうです!

 

お札が変わるこのタイミングだからこそ、見たくなるドラマになりますね!

 

そんな「青天を衝け」のあらすじとロケ地、そしてエキストラ募集があるのか調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

「青天を衝け」のあらすじ

 

 

渋沢栄一の生涯と幕末から明治の激動の時代を描く作品になります。

 

そもそも渋沢栄一って誰?ってなりますよね。

 

簡単に渋沢栄一さんについてまとめてみました。

 

渋沢栄一のプロフィール

 

渋沢栄一は農家の生まれで、実家は藍染めをしている商売をしていました。

 

13歳の時点で既に藍を見分ける力がありました。

 

ビジネスの才能があり、学問も得意な子供でした。

 

時を経て江戸へ出てきた渋沢栄一。

 

そのころの江戸は倒幕の志士を目指した尊王攘夷が広まる時代でした。

 

攘夷志士を目指したはずなのに正反対の幕臣に。すると幕府がつぶれて失業武士に。

 

渋沢栄一が使えたのは徳川慶喜でした。

 

徳川慶喜が大政奉還を行っているころ渋沢栄一はパリ万博に行っていました。

 

さらには意に反して明治新政府に仕官することとなり、いざ政治の世界で大暴れしたあと、33歳でようやく辞表を出して民間人へと転身します。

 

ここから実業家として、怒濤(どとう)の民間改革が始まります。

 

銀行、保険、製紙、紡績、鉄道、海運、ガス、電気……、世の中に必要なものを次々と生み出し、近代日本の礎を築きました。

 

みずほ銀行を作ったのも渋沢栄一なんですよね!

 

一貫性のない生き方のように見えて、その道は、幼き頃より学び続けた「論語」の精神に貫かれていました。

 

信念のため、たとえ形を変えてでも逆境を乗り越え、確かなものを築いた生きざまは実にエネルギッシュです。

スポンサーリンク

「青天を衝け」のロケ地とエキストラ募集はある?

 

ロケ地やエキストラはまだ発表されていませんが、大河ドラマはエキストラ募集を毎回するので今回もありますよね!

 

クランクインが2020年夏とのことです。

 

大河は毎週撮影があるので今回も東京での撮影が多いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

吉沢亮と渋沢栄一という今注目の2人の作品にとても興味が持てました。

 

渋沢栄一って正直歴史の授業とかでもさらっと流されてしまうのでドラマを見て学ぼうと思いました。

 

そして脇を固めるキャストも楽しみです!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.