Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ラジエーションハウス5話ネタバレ!犯人は山村肇(小林喜日)で動機はなに?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

窪田正孝主演ドラマのラジエーションハウスの5話ネタバレになります。

 

放射線科医の話なのは皆さんご存知でしょうが、実は5話は五十嵐唯織(窪田正孝)が心臓発作を起こした少年の死因は他殺ということに気づき犯人を突き止めるという展開があります。

 

そして今回のゲストさんは山村肇役の小林喜日くんと藤本直樹役の南出凌嘉くんという子役が大活躍する回なんです!

 

スポンサーリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」5話のあらすじ

 

ある日、13才の少年・藤本直樹(南出凌嘉)の遺体のAi依頼が放射線科に来ます。

 

Aiとは、「人工知能」ではなく、「死亡時画像診断」で、遺体にCTやMRIを用いて、死因の究明に役立てます。

 

Aiは、事件の可能性があったり、担当医や家族の希望で行いますが、藤本直樹(南出凌嘉)の両親の勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、Aiを頑なに拒否!

 

放射線科のメンバーは虐待などを疑っていました。

 

それもそのはず父親はガタイのいい人で再婚により母親の連れ子であった藤本直樹(南出凌嘉)との関係はあまりよくありませんでした。

 

スポンサーリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」5話ネタバレ!犯人は誰?

 

急いでAiを開始した唯織は信じられないほどの精密さで2000枚もの画像をたった一回ずつ見ただけで死因を判明させます。

 

肝臓破裂による出血性ショックが死因だと判明しますがボールが当たった程度ではこんな事は起きません。

 

肝臓破裂である事を聞かされる夫婦。弟や主人にアリバイがないか聞いてみるが、主人が我慢ならずに自分たちの事を疑っているのかと叫びます。

 

一方、唯織と裕乃は直樹の弟がいる事に気づきます。夫婦は念のため既に警察を呼ばれたという事を聞かされ流石に青くなる。と、弟が「ぼくのせいでお兄ちゃんが…」と二人に独白する。

 

弟は自分がもっと早く公園に行っていたらと言うが、唯織は君のせいじゃないと彼に言います。

 

もっと早く行っていればという事については、兄から財布を机の上に忘れたから取りに来てくれと電話があったからだといいます。

 

探しても見つからず、仕方なく空き地に行ったら既に亡くなっていた兄と山村肇という兄の知り合いに会います。

 

どうやら彼が救急車を呼んだらしい。と、唯織は唐突に肝臓破裂の原因を思い付くと、藤本家も現れたので、唯織は弟から見せてもらったボールを山村に投げて渡すと、場所を変えて話す。

 

以前アメリカでボクシングの試合中にリバーブロー(相手の肝臓付近を打つボディーブロー)を食らった選手が控室で寝ている間に死亡したというい事例があり、それが今回の事故とよく似ているのだといいます。

 

本来なら強いパンチを食らってもその力の多くは背部に逃げて内臓は破裂しませんが、背中に障害物があったり内臓の後ろに背骨が当たるような角度で当たると痣が出来るほどの力でなくても内臓が損傷する事がまれにあるそうです。

 

死体の跡から推測すると殴ったのは左手で、山村肇もなんと左利きだったのです。

 

さらに弟に電話していたのにも関わらず遺体の所持品に無いといっていたケータイを山村肇が所持していることが証拠になり犯人であることが発覚しました。

 

スポンサーリンク

山村肇(小林喜日)の殺人の動機は?

 

山村肇は、父親に虐待を受けていました。

 

直樹は、両親が再婚した時に父親がウザいと肇に話していました。

 

そのことで、仲間意識が芽生えて、家族に迷惑をかけるようにお金を要求、直樹は母親の財布からお金を盗んで渡していました。

 

直樹が「家族に迷惑をかけたくないから、もうやめたい」と言うと「裏切られた」と肇が逆上して公演に呼び出し、直樹の胸を殴りました

 

軽く殴っただけで、死ぬとは思わなかった・・・。という理由でした。

 

 

スポンサーリンク

犯人の山村肇役 小林喜日

 

 

名前は小林 喜日(こばやし きか)といい2004年3月17日 生まれの現在15歳の、日本の俳優(子役)です。

愛知県出身で事務所はクラージュ所属です。

 

出演作品は「ウロボロス」や「隣の家族は青く見える」などに子役と出演していました。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

まさか唯織(窪田正孝)が医療だけでなく推理までする展開とか驚きですね!

 

そして最後には家族愛がわかるところがすごくいい回でした。

 

杏ちゃん(本田翼)との恋の行方も気になるドラマなのでそちらも見ていきたいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.