Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

大久保佳代子はリウマチの治療中?コールセンターで働いていた過去とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

大久保佳代子さんはまだ売れる前はコールセンターで働いていたようです。

 

めちゃイケとコールセンターの仕事でダブルワークしながら、芸人としての地位を築き上げ現在に至るのですが、コールセンター時代がすごすぎるという話を聞きました。

 

またリウマチの治療中という噂があったので気になって調べてみました。

 

スポンサーリンク

大久保佳代子のコールセンター時代とは

 

以前嵐にしやがれでコールセンターで働いていたことを話していましたね。

 

大久保さんが以前働いていた会社は「ベルシステム24」というそうで、1982年9月20日は国内初のコンタクトセンターサービスを開始したとして9月20日はコールセンターの日として大久保さんを親善大使に就任させたのは2017年のことでした。

 

そもそもコールセンターの仕事はというと顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門で、大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い大規模な施設で働く人達のことです。

 

最近では自動音声応答が多いですよね!郵便の不在表とかは自動音声のみですが、クレジットカードとかの手続きの電話とかすると自動音声の後に対応してくれる人いてその人がコールセンターの人ということですね。

 

元派遣OL大久保さんが、二足のわらじをやめたのは「社内で孤立したから」という噂がありますが、本当の理由は芸能活動が忙しくなったからだそうです。

 

確かに、職場での研修会の際に壇上に出て説明するほどだったそうで、その時に「めちゃイケの大久保じゃない?」と会場がざわついたのが嫌で「余分な話は今後一切しないでください」と一括したのがきっかけで職場では孤立してしまったようです。

 

さらに「現場でチヤホヤされるじゃないですか。その環境を引きずったままOL生活に戻ってしまうことがあって、徐々に社内で孤立してしまったのが原因ですね」とのこと。

 

 

スポンサーリンク

大久保佳代子リウマチの治療中?完治済み?

 

大久保さんは2014年12月21日放送の『今夜は駆け込みドクター!運命を変える健康診断SP』に出演した際に番組内でリウマチという病気だと診断されました。

 

34歳のころから肩、肘、膝の順に原因不明の痛みに悩まされていたようで、一度病院で検査してもらうもリウマチではないとの診断があったそうです。

 

37歳の時に大きな病院で検査してもらったところ、リウマチと診断され治療を開始しました。

 

薬が効きリウマチの症状がおさまりましたが、大久保佳代子は完治したと思い半年ほど薬を飲まかった状態で番組に出演しリウマチと診断された、という流れだったようです。

 

リウマチとはどんな病気?

 

関節や関節の周囲の骨、腱、筋肉などに痛みが起きる病気をまとめてリウマチ性疾患とか単にリウマチと呼びます。

 

一般的にリウマチといえば「関節リウマチ」のことを指していますが「関節リウマチ」はリウマチの中でも患者数が多く、70万人とも100万人ともいわれています。

 

リウマチの治療は基本的には注射と投薬治療で抗リウマチ薬を飲むことだそうです。

 

治ったと思っていてもただ、薬が効いているだけということも多いそうなので勝手に薬をやめてしまってはいけないようです。

 

現在も治療中のようで病院で見かけたという人もいるみたいです。

 

完治してほしいですが、そんな簡単な病気でもないようですので治療のほうをがんばってほしいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は大久保さんのコールセンター時代とリウマチの症状について調べてみました。

 

コールセンター時代にも芸能活動をしていて職場で孤立しながらも努力を続けていてかっこいなと思いました。

 

リウマチの治療は大変みたいですが、大久保さん大好きなので芸能界でずっと頑張ってほしいと思いました。

 

大久保さんの今後の活躍を期待したいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.