Life is hard だけどHAPPY(⋈◍>◡<◍)。✧♡

映画「Bの戦場」はパクリ作品!?あらすじやネタバレ、原作の感想

2019/03/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ガンバレルーヤのよしこさんが主演の映画「Bの戦場」が来週3月15日より公開しますね!

 

ですがこの「Bの戦場」と検索するとパクリとありますが、いったいなんのパクリなのでしょう。

 

原作ファンとしてはちょっと許せない疑惑なので調べてみたいと思います。

 

そしてあらすじと原作から予想するネタバレと感想もちょっとだけ紹介したいと思いますので、映画が待ちきれないという方はご覧ください。

スポンサーリンク

「Bの戦場」のあらすじ

 

主人公の北条香澄は自他ともに認める「絶世のブス

 

ブスは結婚できないと諦めてウェディングプランナーとして働く香澄は、ある日、イケメン上司の久世から突然プロポーズされます。

 

人生で告白なんて一度もない香澄は舞い上がりますが久世の次の一言で一気に崩れ落ちます。

 

久世は、「B専」で香澄のことを「ブスの中のブス」と好意を持って言い放ちます。

 

受け入れられない香澄は、久世を無視し仕事に没頭しますが、仕事ではトラブルが起こり、その対応に追われる中でフラワーコーディネーターの武内にも好かれてしまいます。

 

「ブス」の自分を心から「かわいい」と言ってくれる運命の相手は誰?

 

香澄は周囲の個性的な面々とともに、仕事に奮闘していきます。

 

 

スポンサーリンク

「Bの戦場」の主要キャスト

 

北条香澄役 ガンバレルーヤよしこ

 

こんな「ブス中のブス」なんてひどい言われようの役を演じるなんてすごすぎます。

 

けれど香澄はブスだけど性格はどんなキャラより美人で、ウエディングプランナーとして新郎新婦の一世一代の式を最高のものにしようと努力しています。

 

久世貴嗣役 速水もこみち

 

高学歴でイケメンの香澄の上司で超ハイスペックだがかなりのブス専。

ブスをブスと理解したうえで醜さを礼讃する自称「意識の高いB専」というすがすがしい程にブスをののしってきますが本人は誉めているつもり。

 

 

武内役 大野拓朗

 

ホテルにある生花店の男性店長で優しくて素朴な性格でなんでも話してしまえる香澄にとってオアシス的存在です。

 

香澄のことを唯一「花みたいな人」といってほめてくれた人でもあります。

 

スポンサーリンク

「Bの戦場」がパクリといわれるわけ

 

まず結論を言いますと「パクリ」ではありません!!

 

なぜパクリじゃないと言い切れるかといえば原作を読んでもらえばわかりますが、こんな面白く腹抱えて笑う作品はそうそうないからです。

 

そしてパクっているといわれているのはB’zの「もう一度キスしたかった」という曲が坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」という曲によく似ていることからパクったという噂があるみたいです。

 

 

したがって本作の「Bの戦場」とは全く関係ないということがお分かりいただけると思います。

 

スポンサーリンク

「Bの戦場」の原作の感想とネタバレ

 

ブスは読んでると香澄に感情移入してしまい、久世には殺意、武内には乙女のような感情で読んでしまう作品です。

 

初めて久世が香澄に結婚を前提に付き合ってくれといったとき、香澄は驚きます。

 

そして「私のことかわいいと思ってくれてるんですか?」聞いた際の返事がひどすぎて爆笑しましたね。

 

「髪型も服装も接客業らしく清潔感を第一に小綺麗にまとめているけどブス!化粧も技術センス共に研鑽されたナチュラルメイクを丁寧に施しているがそれでもはやりブス!仮に整形違和感が残ってしまうだろうもはや手の施しようのないブス!何をどうやっても醜い、一本芯の通った正真正銘のブス」 引用:原作「Bの戦場」

 

って本当に好きなのかよ!!ってくらいぶすぶすぶすぶす!!!ぶん殴ってやりたい!!って読みながら声に出してしまったくらいです。

 

愛情表現にしてはまじでブスのことなめてるわ!としか言いようがないです。

 

ブスだって傷つくんです!でも笑ってごまかせば場は収まるから笑ってるんです。

 

そんな香澄を励ましたのが花屋の店員武内でした。

 

香澄の話を受け止めて励まして、そして香澄をかわいいと、花のような人だとほめてくれたのです。

 

そんな武内に恋をする香澄。

 

そりゃぁ惚れますよ!だってブスブスブスってののしられた後に花にたとえてくれる優しいイケメンが現れたら、大好きになっちゃいますよ。

 

武内も香澄のことを好きなようでデートすることになった二人ですが、浮かれる香澄が仕事をミスしデート当日の朝にアクシデントが起こります。

 

なんと先輩に頼まれていた結婚式の前日に新郎新婦の両親や友人の泊まるホテルの部屋を予約し忘れていたのです。

 

泣いて謝る香澄に久世は「ブスが泣いて謝っても汚いだけだ。死ぬまであがき続けろ」と伝え職場全員でホテル探しに追われます。

 

ホテル探しも何とか終わり、武内との約束のため向かった香澄。

 

まさか武内と付き合っちゃうの!??と思ったのですが香澄は武内と自分以外の女性のウエディングをプランすることはできると言いました。

 

自分以外の女性との結婚を素直に祝えない相手ができたと言って武内とは付き合えないと断ってしまいました。

 

もちろん自分以外の女性との結婚を祝えない相手は久我のことで、このアクシデントを陰から支えてくれた上司に心開かれたのです。

 

そして久我もなぜか香澄のことがかわいく見える、どうしようと言い出し二人の距離は大接近していくというところで一巻は終わりです。

 

まさか武内のことをフるとは思いませんでしたが、確かに上司としては尊敬できる久世に心惹かれていくのも無理はないかと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「Bの戦場」のあらすじ、キャスト、そしてパクリ疑惑について調べてみました。

 

パクリ疑惑は全くの嘘で全然関係ないということがわかり安心しました。

 

絶世のブスをよしこさんが演じるということで、こんなこと言ったら失礼かもしれませんが適役すぎて感動しています。

 

そしてもこみちにブスブス言われるなんともシュールな作品は3月15日公開です!

 

上映館が少ないみたいなので、注意して映画館に行ってください!

 

こんなイライラとキュンキュンが同時に押し寄せてくる作品ないので絶対映画館で観たいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バルちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.